2013.02.14 先達の自覚
わたしはある先達会の役員を一時期、務めさせていただいた経験があり、手元に残っている資料の中にはいろんな情報が詰まっています。今回は先達の資質に関するアンケートを集計したものを紹介します。

アンケートでは「先達の質が落ちている」という指摘がかなりありました。
表現は過去形ですが現在でもその問題は同じだと思われます。

一番多かった指摘
1)札所でのマナー違反
・勤行ができない
・お経に変な節を付けて読み上げる
・勤行次第を省略する
・他の団体が勤行中に平気でかぶせて勤行を始める
・勤行時に1か所に集めて勤行しない
・左側通行を徹底しない
・輪袈裟を付けたままのトイレ、食事を黙認する
・橋の上で杖をつく人に注意しない
などです。

勤行ができない先達が存在する事が驚きです。
なぜ先達になったのか?理由が全く理解できません。
ただ4回廻ればいいという考え方、スタンプ集めの延長で先達がいるならそれは大問題です。
寺院の推薦理由も問われる事になります。

団体ツアーで「かぶせ」の現場を見掛けますがそれはマナー違反です。
わたしはマナー違反する先達に注意する事がありますが、多分、他の寺院でも同じ事をしている可能性もあります。大変残念であり遺憾なことです。「自分たちだけが良ければいいのですか?」と言いたい。

団体バス先達の中で「ツアー参加者様が第一であり、自分の評価を落とすくらいなら注意しない」なんて言う考えの人がいるならそれは間違いです。「マナー違反は間違いである事」を先達は自覚して違反者に対しては毅然とした態度で臨んでいただきたいと思います。旅行会社がツアー参加者に先達の評価をさせる事に疑問を感じています。

四国霊場は単なる観光の場ではありません。
寺院という聖域に入り込み、ご本尊とお大師様とのご縁を結ぶ修行の道場です。

すべてをしきたりの中に縛るつもりはありません。
ただ最低限のマナーを守って巡拝したいものです。
我々先達は寺院と一般巡礼者の間に位置する導師である自覚を持ちたいと思います。




ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。
















スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/108-fdfefbd9