四国八十八ヶ所霊場会では、銀札(25巡目)と金札(50巡目)の巡礼者に関して公認制度を設けています。

札所の納め札箱の中を覗くと、銀色の納め札や金色の納め札を見る事ができますが、その札を手に取って見てみると(見た後は、持ち帰らずに箱に戻してください)、最下段に「四国八十八ケ所霊場会」と印字されていれば、霊場会が公認した人の納め札である事がわかります。



では、どのようにして霊場会の公認をもらうことができるのでしょうか?

それはまず先達の資格を有しているかどうかです。

自分の先達申請寺院に対して、納経帳を持参して寺院に巡拝回数を確認していただきます。


!cid_5A17CADB-3AB9-4D55-AE74-E02B8D032E75.jpg


巡拝回数を確認していただいた後は、写真の申請用紙に必要事項を書くことになります。推薦寺院に必要事項を記入していただき、その後は部会に送られます(推薦寺院が属する部会)。例えば、わたしの場合は推薦寺院が愛媛県にあるので、伊予部会の部会長に書類が送られ、部会長の承認をいただき、さらに霊場会本部の審査を受けて、承認をいただくことになります。


この間、約一ケ月。

厳しい審査を受けた後で、晴れて納め札の允可を受けることができます。


そして今回、わたしは巡拝通算20年目にして49巡目を結願。

現在、霊場会に金札の允可をいただくべく申請中であります。


現役世代のわたしがよくここまで来れたものだと思っていますが、途中では心が折れそうになったりいろいろあったものの、皆さまのお力添えをいただきながら実現できたと思っております。今後に関してはより一層、四国霊場にひとりでも多くの巡拝者を導き、さらには後継となる先達の育成にも微力ながら尽力して参りたいと考えております。かくいうわたしもまだまだ勉強不足。向上心を持って、決して偉そうな振る舞いだけはしないように、日々精進して参りたいと考えております。



ランキングに参加中です。 記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。 にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 ご協力ありがとうございました。
スポンサーサイト