四国霊場第9番札所法輪寺。
田園風景が広がる中にこんもりと木々が茂る場所が法輪寺です。

法輪寺のご本尊は88ヶ所の中でも珍しい涅槃釈迦如来です。
絵では数多く見ることができます(涅槃図)が、木彫り像としては珍しいと言えます。
その涅槃釈迦如来ですが、普段は秘仏であり見る事はできませんが、実は3年後にご開帳を迎えます。

3年後まで待てない方は、納経所に行けば写真でその姿を確認することができます。


!cid_C4A01C0A-032C-4F22-872A-8DD0D9533E14.jpg

納経所の左側奥にその写真は飾られています。



!cid_2C9AD587-3A34-46FE-B2C0-3F9259D6A6AD.jpg

納経所の方に撮影許可をいただいて、拡大して撮ってみました。




!cid_1F845CBF-25C8-4686-B003-F804DA244995.jpg

視線を下におろすと、次回のご開帳のスケジュールがありました。
次回のご開帳:平成32年2月15日
たった1日だけのご開帳です。




!cid_6FFBFB1C-59A7-4861-A567-0980A0FF31E9.jpg

視線をさらに左側に移すと、寺宝の写真がありました。
これは古い時代に寄贈されたワラジとの事でした。
いつの時代のものかを聞きましたが、住職不在のために分かりませんでした。

こうして視角に訴えるように情報を開示いただくことは良いことだと感じました。
あとは3年後を忘れずに対応しなければ。
(なおご開帳は5年に一度のペースで開催されています)







ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。

スポンサーサイト