四国別格霊場第10番札所西山興隆寺。
紅葉の名所として知られるお寺ではこの秋に55年ぶりとなる秘仏本尊のご開帳があります。

DSCF9231.jpg

本堂までの長い参道は、紅葉の季節だけでなく、四季折々でいろんな表情を楽しませてくれます。
中でもわたしは初夏の頃の青々とした緑の季節が大好きです!
写真は山門を過ぎたところのシーンですが、まるで絵の世界のようです。

DSCF9252.jpg

さて本堂の背面には、見事な三重塔(1836年建立)がありますので、この建物も見逃せません。
本堂よこから眺める景色は小松平野を見渡せ、下から吹き上げてくる風が心地よく頬を通り過ぎていきます。


!cid_6CE913CE-A225-4D6B-8878-9D223FD263FA.jpg

そしてこの秋。
55年ぶりに本堂のご本尊がご開帳(期間限定)になります。
次のご開帳は、55年後。

あなたはどうされますか??





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。

スポンサーサイト
四国霊場第45番札所岩屋寺。
この札所は納経の際に「あて紙」として独自の方法をとっています。

ほかの札所は、納経帳と同サイズに切った新聞紙をあて紙として挟んでいただけます。
あて紙は、次の納経ページに墨や朱印が乗り移らないように配慮された紙を言います。

!cid_B7E2B40E-637B-4512-A4E8-00A26102C392.jpg

写真のように岩屋寺では新聞紙をあて紙にせずに、お大師様の説かれた言葉を紹介する有難いあて紙になっています。これは昔から変わらずお遍路さんひとりひとりの納経帳に挟んでいただけるものであり、毎年、違う言葉になっています。
お遍路さんによっては、このあて紙目当てに参拝する方もたくさんいらっしゃいます。

写真のように、今年(平成18年)のあて紙は、なかなか刺激的なありがたいお言葉だと思います。



!cid_749F9996-8895-4D0A-A451-36C93758020C.jpg

この写真は麓の赤橋から登ること約15分の地点です。
参道でいちばん息が上がるポイントです。

そこにお大師様(写真右側)がいらっしゃいます。

ここで諦めるわけにもいかず、上から降りて来られるお遍路さんに元気づけられながらあと半分の参道をがんばって上るのです。お寺の納経所前には手水場がありますが、ここの清水は飲めますので喉の渇きにはありがたいポイントです。
ただ、納経所が目の前にあるからという理由でそのまま入らずに、本堂、大師堂にお参りしてから納経を済ませるようにしましょう。

四国八十八ヶ所は、朱印帳とは言わずになぜ納経帳と言われるのか?
それは、それぞれの札所でお経を唱えた(写経を奉納した)しるしにいただくものだからです。
参拝記念や記念スタンプでないことを強調するために朱印帳とは一線を画しているのです。





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。

愛媛県松山市府中(旧北条市)。
ここに新しい休憩場所が誕生しました。

四国霊場53番札所円明寺から54番延命寺の間に位置するこの場所は、歩き遍路にとってなにもない場所であり、ただただ歩を進める地点でありました。浅海地区(円明寺から約20km)まで歩くと「浅海大師堂」という通夜堂がありますが、お遍路さんのペースはそれぞれであり、浅海地区までたどり着けないお遍路さんにとって、よい休憩場所が出来たことは喜ばしいことです。(浅海大師堂については、このブログ内にありますので検索してみてください)


語り場&フリースペース「ご縁」

!cid_EBF6C7DA-C0C8-4C12-82F2-F5B0B3E5F035.jpg


ここは休憩場所としてお遍路さんを受け入れているだけでなく、宿泊もできる民間のお宿です。
地元の大学生が店主であり、この場所を通じて地元を活性化させる目的でオープンしたとのこと!
すばらしい試みであり、わたしも微力ながら応援させていただいております。

円明寺からへんろ道を歩いて(柳原地区を少し越えて)いると左手に西ノ下大師堂が見えて来ますが、その少し先に上記の看板が道沿いにあります。その看板を見たら右折。約50メートル行けば到着です。


地図
(クリックできます)






!cid_48E7F02C-A4CA-4766-8D6C-5ECE9CBE486A.jpg

2階建ての建物は窓を開けると心地よい風が通り、エアコン要らずのスペースです。
(駐車場はありません)



!cid_CD7FD070-DA9B-4127-AEEC-C74CF03E9E13.jpg

女性店主らしく、かわいい玄関ですね!
建物の中には北条地区の見どころ情報もたくさん紹介されています。


!cid_BE627F6E-AD0D-46A5-9DF9-3663FFDD2D3C.jpg

取材した日は外国からの旅行者が滞在していました。
縁側には木札が置かれていて、旅の記念に文字を書いて吊るして帰る人もいます。
フォークデュオの「キッサコ」ボーカル薬師寺さんの木札もありました!


「ご縁」オフィシャルホームページ
(クリックできます)



!cid_96581BCE-3C9E-4FDA-8FD6-2B51D8E64F48.jpg


歩き遍路の憩いの場所として、ぜひご利用ください。





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。