4月23日の高野山は青空が広がり、金堂で開かれた四国霊場会主催の慶讃法要は無事に終了。
明日の公認先達大会を控えて、参加した先達は宿坊や自宅に戻りました。

今治から参加のわたしは、去年の12月に予約した宿坊に戻り、朝4時に自宅を出た疲れを癒します。
宿坊にはテレビがありましたが、それを見ようとは思いません。
根本大塔の真裏の宿坊で英気を養い、夜の散歩を心待ちにしていました。



DSCF7189.jpg

それぞれの宿坊は夕食の開始時間が17時半のところが多く、またお風呂も21時まで。
門限も21時ですから、あまり夜にウロウロする時間がないわけです。
先達仲間がお昼の法要で「夜の奥の院に行こう」なんて言ってましたが、とても時間が足りません。

しかしわたしが泊まった宿坊は根本大塔に近く、行かないなんて勿体ない(笑)
夕食を早々に済ませて、お風呂に入る前に行ってみることにしました。

漆黒の夜になる前の時間に撮った大塔は、すばらしくきれいでした。




DSCF7197.jpg

丁度、月が出てきましたので、金堂といっしょに撮影。
夜の参拝者は数えるほどです。
手前にある木はサクラでしたが、今年は開花が早くすでに散り始めでした。


DSCF7200.jpg

東塔越しに根本大塔を撮影。
撮影後は山内に唯一あるコンビニ(ファミマ)に寄ってコーヒー牛乳を買いました。
店内は複数のお坊さんが普通に買い物をしていらっしゃいましたが、自分的には違和感があったかな~(笑)




DSCF7212.jpg

宿坊で寝ていたら、朝4時前後にどこかのお寺の鐘が鳴り、それを耳にしたわたしは眠れなくなりました。
当日の日の出は、5時15分ごろ。
その前に宿坊の門を開けてくださったので、夕べに行った檀上伽藍にお参りに行く事に。


早朝の根本大塔はわたし以外に誰もいません。
鳥のさえずりだけが境内にこだまして、非常に心地よい夜明けを迎えることができました。

夜も朝もすばらしい根本大塔でした。




ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。




スポンサーサイト
4月23~24日の二日間に渡って四国霊場会主催の記念行事が高野山で開かれました。
高野山開創1200年を記念して、四国霊場会では毎年秋に開かれる先達大会をわざわざ前倒しして高野山で開催したわけです。高野山は4月から5月21日にかけて開創1200年を記念して毎日法会を実施中であり、その法会期間の中に組み込まれた大会です。

DSCF7101.jpg

平日にも関わらずたくさんの四国霊場会公認先達が全国から集まりました。
ただし土日のようなマイカーの交通渋滞はなく、今治から参じたわたしは少し気が楽でした。

DSCF7100.jpg

金堂には開始1時間前からたくさんの先達が集まります。
お練りに不参加だったわたしは、先に金堂に入って秘仏である薬師如来(開帳中)にご挨拶を済ませます。



DSCF7107.jpg

そこにお練りの一行が入ってきます。
先頭は四国を実際に回ったお大師像です。
お大師像と僧侶が金堂に入り、慶讃法要が始まります。
(その間、お練りに参加した先達は堂外で待機)

堂内は撮影禁止のために画像はありませんが、先に入っていたわたし達先達を加えた大法要が行われました。


DSCF7105.jpg

法要を終えたお大師像、僧侶、堂外で待機していた先達はこのあと、奥の院までお練り。
奥の院でも大法要が行われたようです。
(わたしは先に宿坊に入りました。その日の朝3時に起きて今治を出発したのでさすがに疲れました)

DSCF7113.jpg

先達のお練り部隊(大門→金堂→奥の院)のうち、一部の先達は、一日前に九度山からお山を目指して登りました。
ご苦労様です。
みなさん充実したお顔をされています。



DSCF7187.jpg

宿坊で少し休憩したわたしは元気を取り戻し、夜の檀上伽藍を楽しみました。
宿坊は夜9時が門限なので、さすがにみなさん疲れていたのか、夜の境内は参拝者が少なかったです。


平日参加でしたが、非常に充実した1日を過ごさせていただきました。



ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。