四国霊場第53番札所円明寺から第54番札所延命寺に行く途中、旧北条市内に入ると右手に見えてくる山なみがあります。その山なみの中で一番高い山が高縄(たかなわ)山です。

高縄山のある高縄半島は、西部に松山市、北東部に今治市、南東部に西条市などが位置、その中央に半島の名となった高縄山 (986m)があります。

DSCF4151.jpg

鹿島から見た高縄山です。
青い海、青い空に映えますね!


その高縄山にある「高縄寺」。
その歴史は古く開基は紀元670年代まで遡ります。
現在では山号を河野山と称し、真言宗醍醐派の末寺です。


ご本尊は「十一面千手観音菩薩立像」。
仏像は今から約1200年前の作であり(公式ブログには7~8百年前)、口伝では行基菩薩の作とされ、四国地方では、まれにみる仏像のようです。
先日、愛媛県の担当者が仏像調査のために来寺、仏像を調べたとのこと。

高縄寺十一面千手観世音菩薩立像2

西山住職のご厚意により、調査の際にご自身が撮影された画像を特別にブログにアップすることを了承いただき、皆さんにご覧いただく次第です。(ただし画像の複製はご遠慮ください

この像は 昭和55年に愛媛県指定有形文化財となっていますが、
県の担当者いわく、「さらに詳細を確認し、できれば国宝指定にもって行きたい」そうですが、そんな事になれば四国で唯一になります。

高縄寺十一面千手観世音菩薩立像1

公式ブログによると、
「十一面千手観音」とは、頭部に十一の顔を表しており、「大光普照観音」とも呼ばれる。
前の三面は、おだやかで慈悲の面相。
左の三面は、怒っている忿怒の面相、悪人をいましめる。
右の三面は、頑張って生きる人を励ます面相。
後の一面は、大笑いをしている顔で、悪人に恥を知れと笑い、良心を目覚めさす。
頂上の一面は、如来の面、阿弥陀仏の化仏ともいわれ、仏道の教えをとく顔。
「千手」とは、「千顔」とも云い、千の手に一つ一つ眼があり、人々が苦しんでいるのを見て、すぐに救いの手を差しのべる。
中央の合掌の手を除いて四十本、一本の手から二十五種類の願いを叶えると云われる。
  衆生一切の御利益と安楽のため、そのー手に二十五種の世界があり、左右四十手で救済する。六道の内の地獄の苦悩を救済する。観音様は、人間の内面的な悩みを救い、慈悲と愛情深く病を除き、罪を滅し、福を求め、災難から身を守る功徳があるとされる、との事。

簡単に言えば、十一面観音と千手観音が合体した像であり、非常にありがたいご本尊だという事。
ただし、合体した経緯は不明とのことでした。

高縄寺毘沙門天(左側)

脇侍の左側に毘沙門天。

高縄寺不動明王(右側)

右側に不動明王を配しています。
両脇侍ともご本尊と同時期に作られた可能性が高いようです。
なおご本尊の光背は、厨子に入りきらないとの理由で今現在は取り外されています。



もともとこのご本尊は33年に一回のご開帳や、雨乞い祈祷の折りの際にご開帳していたそうですが、旧北条地区の方々からの熱烈な要望があり、毎年一日のみご開帳することになったようですが、秘仏にしていたために保存状態は極めて良好です。
現在のご開帳は年1回に開催される夏の大祭(8月9日)に実施
四万六千日功徳法要(柴燈大護摩供*火渡り)を行っており、毎年約300人の参拝者が訪れます! 高縄寺で最大の年間行事となっていますので、機会があればぜひご本尊さまとのご縁を結んでください。

高縄寺公式ホームページ
(クリックできます)


なお境内にある「たかなわ茶坊」では、参拝者に人気のおいしい珈琲が飲めますので、併せてご利用くださいね!
さらにお寺では4月から宗派を問わず、永代の遺骨・位牌 を預かっていただける、とのことです。これは関東や近畿にお住まいの元松山・北条市民の方々からの問い合わせにお応えした形との事。詳細は直接、お寺にお問い合わせください。




ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。




スポンサーサイト
四国霊場第45番札所岩屋寺奥の院。
時宗の宗祖・一遍上人が修行した様子が「一遍聖絵」に描かれています。

その絵を見ると奥の院は急峻な岩峰の頂上に位置し、「こんなてっぺんで修行が出来るのか?」と思いたくなります。
この絵は岩屋寺の近くにある国民宿舎「古岩屋荘」の玄関ロビー左手・階段ホールにタイル画(模写)がありますので、ぜひご覧になってください。ただしこの絵を見た後で奥の院には行かない方がいいかも知れませんね!(笑)


DSCF6430.jpg

奥の院 逼割禅定に参拝するには、納経所で鍵を借り、行場入口で鍵を開けます。目の前には見る人を圧倒する巨岩が立ちはだかります。ここでやめるのもひとつの決断です。わたしは旅行サイトの取材を兼ねての訪問なので、ひとりでしたが、決して安易な考えで登るならお止めになった方がよいと思います。


DSCF6431.jpg

扉の奥に見える急な上り坂。
雨上がりだったので、下がツルツルすべりそうでした。
(実際すべりましたので、雨上がりでのお一人の挑戦は止めてください)

人がやっとひとり通れるほどの岩の裂け目を抜け、約30メートルの絶壁をロープで登った後、鉄の鎖場を経由して木製のはしごを登れば頂上です。さぁがんばりましょう!


DSCF6444.jpg

何か所かある鎖場を登れば、頂上はあと一息です。
この画像から見る最後の階段は天国に通じるはしごに見えました。




DSCF6435.jpg

最後の階段。
木製の階段は予想以上にしっかりどっしりした作りで、本堂よこにある階段よりも頑丈でした。
一遍聖絵に見る階段は朱塗りでしたが、なんの装飾もない今の階段でも十分に荘厳さは伝わります。




DSCF6436.jpg

階段を登り切ると、白山大権現をお祀りする祠が見えてきます。
でも頂上は切り立った岩峰の上らしく、狭い場所であり、そこにも鎖を伝って行かねばなりません。
正直、少し恐怖心が出てきました。
これ今は樹木が生い茂っていますが、何もなければもっと恐怖心があると感じました。


DSCF6443.jpg


頂上の白山権現。納経所から時間にして約50分の行程です。
頂上は視界を遮るものは何もなく360度のパノラマが広がり、天気の良い日には山岳霊場の代表格である霊峰・石鎚山を望むことができます。

さっきの階段を降りるともう一方にも同じような登り口があります。
そこには階段がなく坂道になっていて、頂上の祠が見えます。
こちらの頂上には弘法大師が祀られているのですが、雨上がりで滑りそうな登り道だったこと、ひとりだったことを考えてこの日は断念しました。次は晴れた日に挑戦したいと思います。


この行場は体力に自信のない方はご遠慮ください。
登る場合はくれぐれも注意して、二人以上で登ることをお勧めします。




ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。




歩き遍路をしていると足に疲労が蓄積してしまい、それを放置していると他の部位にも悪影響があります。
クルマ遍路でも長時間の運転による疲れが出てくるというものです。

わたしも最近になって知ったのですが、ブログをご覧の皆さんも一度は耳にした事がある整体です。
カイロプラクティック

整体にもいろんな流派?の形があって、町でも「カイロ」の看板は見るものの、飛び込みで「勇気を出して入るような場所でもない」と思っていましたが、
先日、ある知人から紹介を受けて、この治療院の先生のところに行ってみました。

まぁ知人の紹介なら安心して行けることと、わたしの家内が慢性的な肩こりと首筋の張りがあったのでよい整体を探していたことのタイミングがたまたま合ったということです。

おへんろ整体

で、医院に入ってみると、BGMは現代風・・・(笑)
先生をはじめ、スタッフが若い!

大丈夫か?なんて、思いながらいろいろお話を聞いているうちに、
病院で手に負えない(レントゲンでもなにも異常ない)患者さん
他の整体を試したが効き目がなく、最終的に「カイロ」に懸けてみる重症な患者さん
など、最終的に打つ手がない患者さんが藁をもつかむ思いで(遠回りして)来れれることが多いのだそう。

DSCF6828.jpg

いろいろ話しているふうに見えますが、話しながらすでに先生は「身体のどこが悪いか」を探していたのです。
医院に入って来る(歩く姿を見て)なり、「あ~あの人は、どことどこが悪そうだ」と思われていたみたい。

DSCF6829.jpg

今からどういう治療をしていくか?を患者さんと相談しながら、治療をすすめて行きます。

DSCF6826.jpg

女性患者の場合でも女性のスタッフが常駐しているので安心ですね!
医院の先生は四国でただひとりの優秀A級ライセンスをお持ちであり、スタッフも上級ライセンスを持っています。


今回、医院では「お遍路整体」と銘打って、お遍路さんには特別に治療費用を値引きしていただけるサービスを開始されました。納経帳を持参すれば割引特典が受けられます。

場所は、51番石手寺から52番太山寺に向かうへんろ道沿いにありますので、お遍路の途中でも気軽に寄ることが可能。また結願をしたお遍路さんは納経帳提示でさらに特典を受ける事ができます。詳しくは「お遍路整体」をクリック!!

お遍路整体
(クリックできます)



ちなみに家内は治療を受けて、慢性的だった肩こりがウソのように軽くなり、首筋の張りがなくなったとか。
人間の身体は、一旦、悪い形ができてしまうとそれがクセになるそうです。そのクセを直すために当分の間は「先生を信じて通ってみる」と家内は言ってました。
わたしはボウリング競技者であり、右腕の可動域を先生に広げてもらえましたので、次の大会が楽しみです(笑)



パソコンビューでご覧の皆さんなら、左側に「お遍路整体」のバナーを貼り付けましたので、そこからもご覧になれます。
「このブログを見た!」と言えば、何らかの特典があるかも知れません。
お近くにお寄りの際は、ぜひご利用ください!




ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。