地蔵院から閼伽井の旧跡を経由してしばらく歩くと「金堂」が見えて来ました。

神護寺21
お四国では本堂。ここ神護寺では金堂。
この違いは何なのだろう?と思う人もいらっしゃると思いますが、ほとんど同じです。
ただ定義として金堂とはその寺のご本尊となる仏像がまつられているお堂であり、本堂とはその寺の中心的なお堂を指しています。古くから伝わる寺院の場合(法隆寺、東大寺、薬師寺など)、金堂はあっても本堂がない例が多いようですが、この時代の伽藍の中心はあくまで「仏舎利をまつった塔」であり、金堂とは純粋にご本尊を祀るお堂であったと思われます。
時代が進むにつれ、寺院では金堂=本堂であり、次第に「本堂」が主流になって来ます。珍しい例として、奈良・当麻寺のように金堂とは別に本堂がある場合もあります。


さてここ神護寺のご本尊は国宝・薬師如来立像です。
この日はラッキーな事に内陣まで入る事を許され、ご本尊を真上に見上げる事が出来ました。
端正なお顔立ち。
じっと慈悲深く正面を見つめるお顔は何と穏やかに見えることでしょうか。
美しいと思いました。

また金堂内の左側には「国宝・灌頂歴名(写し)」、右側には「国宝・源頼朝公肖像画(写し)」などの展示がありました。
ここで興味深いお話しを寺院関係者からお聞きする事が出来ました。
「灌頂歴名」とは神護寺において弘法大師空海が伝教大師最澄らに灌頂を授けた寺院であり、授けた人の名簿をまとめたメモ書き(自身の記録簿)のことを言います。
ただ弘法大師は単に自身用のメモ書きとして残しておいたため、それが後生大事に後世まで残されたことはご本人も「思いもしなかっただろうと‥」と。
ご自身はメモ書きのつもりなので、所々で誤字があり訂正書きを見る事が出来ます。

実はここから『弘法も筆の誤り』という諺が生まれたのです。



画像は青々としたモミジを金堂に映えるように撮りました。
11月になると真っ赤なモミジとなるのでしょうね!



神護寺22
金堂前の長い石段の頂上から見た風景です。
一番奥に見える建物が「毘沙門堂」。
実はこの毘沙門堂こそ昭和10年まで(新しく金堂が建てられるまで)は神護寺の金堂だったのです。

神護寺23
毘沙門堂の正面。
他の建物と違い風格があります。
(ちなみにこの毘沙門堂以前の金堂がどこにあったか?は聞けませんでした)


神護寺24
大師堂。
神護寺で一番古い建物であり桃山時代の創建。
屋根が檜皮葺なのはここだけです。

神護寺25
毘沙門堂から見た金堂。
参拝者の少ないのが気になります。
盛夏プラスお盆休みは、やはりここまで上ってくる参拝者は少ないという事でしょうね。

DSCF0539.jpg
明王堂。
実はここでご住職が今から「護摩供」法要を実施されるのです。
ラッキーな事にその法要に参加することが出来ました。
(その模様は次回にアップします)


神護寺26
おまけ画像。
参道の途中にあるお茶屋さん「硯石亭」。
帰り道にここでかき氷をいただきました。
画像は「宇治金時600円也」。マイウーのひと言に尽きる!!
他に「もみじ餅」「ぜんざい」の名物を勧められたのですが、あと2ヶ寺を参拝する時間を考えて遠慮しました。
ご主人曰く「ライトアップは絶景だからぜひ!」と言われていました。

高雄保勝会HP
ライトアップ情報はこちら。




次回は明王堂で実施された法要で判明したこと。
神護寺と「成田山新勝寺と歌舞伎の名門・市川家との関係」をひも解きます。

どうぞお楽しみに!





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。













スポンサーサイト
神護寺の楼門(山門)をくぐって最初にお参りするのは金堂(本堂)と思いがちですが、ここでは金堂でお参りをする前にある儀式をします。

それがかわらけ投げ
この場所でまず「厄落とし」をした後で金堂でご本尊様とご縁を結びます。

神護寺8
高雄観光ホテルのお兄さんは境内で一番奥にある地蔵院を目指すように言っていたので、境内図を確認しながら道場を目指します。長い石段を上って来たばかりなのに、、、また一番奥まで歩くんかい??みたいな…(笑)





神護寺10
左側には大師堂。
右側には金堂。
これらを我慢して道場を目指します。


神護寺9
右側を見上げると金堂があります。長い石段。思わず四国霊場31番竹林寺を思い出します。

でもこの風景。どっかの番組で見たことある!!
市川海老蔵さん主演のNHK大河ドラマ「宮本武蔵」で出てきたシーンだ!



なぜ海老蔵さんが大河ドラマの1シーンでここを選んだのか?
それは神護寺と市川家が深いご縁で結ばれていたからかも知れません。。。
(その事については後ほど触れます)






神護寺11
さて建て看板を見た後、その看板どおりに歩を進めると眼下に錦雲渓谷が「パッ」と開けます。
見事な景色。
ここが「かわらけ投げ」の道場です。

この渓谷目掛けて「かわらけ」を放り投げます。
ここでは「厄を落とすだけ」であり、祈願は金堂ですることが大事です。

神護寺12
神護寺13
手前にある売店で素焼きのお皿を買います。
直径5センチのお皿は投げやすそうです。

投げ方は自由。
フリスビーの要領で投げる人もいれば、野球投げの人もいます。
きれいな弧を描いて飛ぶお皿を見ていると気持ちがいいものです!

今では全国で見られる「かわら投げ」。
実はここがその発祥の地なのです。
ただ呼び方が地方によって多少の違いがあるようです。

お遍路をしていると四国霊場84番屋島寺でも同じ光景をみる事が出来ます。
ただ参拝ルートからは離れているので神護寺の参拝方法とは違う感じがありますね!


神護寺14
皇族の秋篠宮家もここには何度も訪問されているようです。
世継ぎの祈願にお越しになり見事男児が誕生したんだとか…。





神護寺15
地蔵院を後にして金堂に向かう途中に弘法大師の旧跡があります。
閼伽井の井戸です。
確か歩き遍路で81番から82番に向かう途中にも「閼伽井」の旧跡があったはず。
閼伽とは仏さまにお供えする水のこと。





神護寺16
地蔵院を経由せずに楼門から直接、金堂に行く場合は「あの石段」を上らなければなりません。
しかし地蔵院と閼伽井の旧跡を経由すれば、階段はなく少しの坂道だけで金堂に到着します。

この金堂は昭和10年以後に使用が始まりました。
それ以前の金堂は石段下にある「毘沙門堂」が元の金堂だったそうです。



次回は金堂、大師堂などその他の建物についてです。





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。













お盆休みを利用して京都・高雄「神護寺」に行って来ました。
神護寺はお大師様と非常に深いご縁がある寺院でわたしが「行きたいお寺」のひとつです。

在京都時代にも何度か訪問していたのですが、今回は家族とは別行動のために「ひとりで」堪能して来ました。なお今回の訪問はわたしが寄稿している旅行サイトの取材を兼ねているため、たくさんの画像を撮影しました。お蔵入りするのは余りにももったいないのでブログにアップする次第です。

神護寺1
京都市内から車で30分弱。市中心部から北西に位置する高雄は古来より万人が愛するエリアでした。
ここ高雄を含め、槇尾、栂尾を加えた三つのエリアを「三尾(さんび)」といい、三尾めぐりが盛んだったのです。画像は清流・清滝川に掛かる高雄橋です。川ではたくさんの家族連れが遊んでいました。


神護寺2
高雄橋を渡り切ると石段が見えて来ます。
画像の一番右にある石塔に注目です。これは「下乗石」です。
下乗(げじょう)とは「これより聖域に入るため何人たりとも馬を下りて歩きなさい」という意味。
四国霊場の79番や81番にも同じような石塔がありますので、興味深い旧跡だと思います。

この長い石段を10分歩きます。
左側にある「高雄観光ホテル」の駐車場が高雄橋の手前(徒歩2分)にありますのでそこを利用しました。
ここにいるお兄さんがいろいろ参拝ポイントを積極的に話してくれるのでお寺の情報を入手できます。


神護寺3

のぼり始めて5分の所に弘法大師の旧跡「硯石」があります。
真夏の石段はかなりきついので、この旧跡を見ながら休憩するにはいいタイミング。
お大師様に感謝です(笑)


神護寺4
その旧跡の対面にお茶屋さんがあります。
ここで一服すればさぞ気持ちいいのですが、ここはお参り前なので「我慢」しました。

神護寺5
「硯石」を過ぎると遠くに重厚な楼門(山門)が見えて来ます。
と同時に「まだあんな所まで行くのか?」みたいな…(笑)



神護寺6
ハァハァ言いながら、やっと楼門に着きました。
仁王様が優しく「よく上ってきたな。ご苦労さん!」と言ってくれているみたいです。
「弘法大師霊場遺迹(ゆいせき)本山」とあります。



神護寺7
この寺院は弘法大師が真言宗の基礎を確立されたお寺であることは言うまでもありません。
弘法大師(空海)が伝教大師(最澄)にここで灌頂を授けたことは余りにも有名ですね!

神護寺8
神護寺全山図です。
本来なら金堂(本堂)にお参りしたい所ですが、神護寺では金堂にお参りする前に「厄落とし」をある場所でする必要があります。その厄落としをした後で金堂にお参りし、ご本尊とのご縁を結びます。

秋篠宮様も何度もお参りしていらっしゃるとか。
次回はその場所に関してアップしたいと思います。






ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。













お盆休みは実家のある大阪に帰省し、今治に戻る前に京都の嵐電(らんでん)に乗って来ました。
京福電鉄嵐山本線(通称:嵐電)は、この時期限定で「妖怪電車」を運行中です。

妖怪電車は6年前から運行を始め、3年前に一度乗った経験があります。
子ども達も成長したので久しぶりに乗ってみる事にしました。

妖怪電車2013

特別列車は夕方以降に発車。
乗車には特別乗車券が必要です
予約が不可能なため、発車の約1時間前から並んで切符を買います。



妖怪電車11

今年の1番列車(8月17日)の乗車券を求める乗客は例年より出足が早く、定員(180名)の切符は発車20分前には完売でした。乗れない乗客は折り返し駅の嵐山駅まで先に行って乗車券を買うか次の列車に乗るかのどちらかになります。


妖怪電車12
1番列車は嵐電・四条大宮駅を17時54分に発車。
嵐山駅までノンストップで途中下車はできません。
(その間は妖怪たちと乗客だけの異空間です)




妖怪電車14
電車に乗るといきなり妖怪が座席に座っていました。
わが娘もこの状態です(笑)

車内はブラックライトが灯され、外の景色を見る事はできません。
見上げた天井には一反もめんや生首がぶら下がっています…。

不気味に流れてくるBGMが雰囲気をより一層怖くします。。。


妖怪電車15
前の方から別の妖怪が近づいて来ました。
これ見た時は大人も怖かった。



妖怪電車13
30分弱の旅でしたが、嵯峨美大の学生さんが作る妖怪たちは3年前よりも怖さを増しパワーアップしていました。3年前の娘のリベンジのつもりで乗車したのですが、見事に返り討ちに遭いました(笑)



6年前に嵐電沿線の映画村で実施された世界妖怪会議の開催を記念して地元活性化の目的で実施され始めた「妖怪電車」は京都っ子の口コミで今では有名な夏の風物詩となりました。
妖怪電車の運行は今週末(金~日曜日まで)までです。
乗客は家族連れ、カップル、友人グループと多岐にわたっています。

ご興味のある方はぜひ「妖怪電車」で残暑を楽しんでみてください。


嵐電ホームページ
上の青文字をクリックすれば詳しい情報がわかります。





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。













歩き遍路にて51番石手寺を出て52番に向かう途中、道後温泉を抜ける手前にある宝厳寺。
そのお寺が昨日の火災にて本堂がほぼ全焼してしまいました。

宝厳寺1

一遍上人の誕生地とされるお寺には国指定の重要文化財「一遍上人立像(1475年作)」が安置されていたのですが、残念なことにご本尊「弥陀三尊」と一緒に焼損した可能性が大きいとのことです。

出火原因は調査中との事ですが、ご住職のお話しによると本堂内の電気式燈籠の配線付近から煙が上がっていたとのことで漏電の可能性があるようです。

宝厳寺2

今年の4月に地元で開催されたノルディックウォーキング大会に参加した時に訪れたばかりだったので、ニュースの一報を聞いた時には耳を疑いました。

ここで疑問に思うのは、重要文化財に指定された場合は個々の寺院にその管理を任せるのではなく、国なり県なり行政が防火設備の負担を寺院に代わってすべきではないのか?ということです。
仮に行政の協力を得て防火対策がされていれば、今回の焼損という残念な結果にはならなかったのではないでしょうか。


宝厳寺3
この本堂は再建されたにしても同じ姿を見る事はできません。
形あるものはいずれは無くなるのかも知れませんが、釈然としない出来事でした。

ご住職は「また一からやり直すしかない」と言われているようですが、行政は同じ事故を二度と繰り返さないように対策を十分にしていただきたいと思っております。





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。













我が地元、愛媛・今治で開催された市民のまつり「おんまく」。

おんまくとは、地元方言で「思いっきり」とか「大袈裟」という意味。
日曜日は祭りのフィナーレを飾る「おんまく花火」が開催され、約9000発の大輪が夜空を彩り、見物客20万人が華やかな花火に酔いしれました。


今年の“おんまく花火”のテーマは「胎動」、物事が芽吹き動き始めると言う意味。
音楽/カラーレーザーを取り入れた斬新な演出を駆使し、「胎動」を表現し発信しました。

花火の動画は毎年撮影しているのですが、今年も撮り立て動画をブログでアップさせていただきます。
動画時間は6分少々ですが、見所は3分半を過ぎたあたりからの乱れ打ちの様子が圧巻です。



[広告] VPS



いかがでしたか?

花火の動画を撮影する時は「どこに焦点を当てるか?」で動画の質が変わります。
わたしは素人なのでオロオロしながら何とかカメラに収めたのですが、画像のブレ等はご容赦くださいね!




ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。