「NKB55」と言えば、四国霊場第55番札所 南光坊のことです。
まるで流行りの女性グループみたいなネーミングですが、実はご住職がご自身でそう言ってます(笑)
お茶目な一面を持つ板脇俊匡住職に今回は特別に本堂を案内いただきました。

今回の訪問は某大手旅行サイトの取材を兼ねていますので、普段は本堂に入る事は不可能です。
たくさん取材した画像の中でお蔵入りしそうな画像をブログにて公開します。
貴重な画像です。管理人の許可なく無断で複製する事は固くお断りします。


DSCF0285.jpg
この画像は左側(本堂)と右側(本坊)を繋ぐ渡り廊下から山門を見た画像です。
本堂の風鐸がきれいに見えます。
市販の旅行雑誌などで見る風景とは逆(裏側)から撮ったものです。

DSCF0289.jpg
もう少し青空を大きく撮ってみました。
風鐸を残しながら大師堂と山門を望みます。




徒歩練行
本堂の中から大師堂と山門を撮ってみました。
ご住職が扉を開けようとしてくださったのですが、そのままの撮影です。






DSCF0292.jpg
本堂の内陣です。
前仏がはっきり見えます。

延命寺3
板脇俊匡住職と本堂の図。
3年前にご住職になられたばかりです。


お遍路さんは普段、寺院住職とはあまり接点がありません。
その接点がないままなのは余りにも不親切。

このブログではその点を今後も追及し、皆さんに公開して行きたいと思っています。
「このブログを見た!」と言えば、ご住職との話がはずむかも知れませんね(笑)


(*イケメン住職数珠つなぎとは別ものです。どうぞご安心を)



なお南光坊では来年の霊場開創1200年を記念して、2014年11月に秘仏の大通智勝如来像を特別開帳される予定です。





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。













スポンサーサイト
先週の土曜日。

四国霊場第47番札所八坂寺主催の石鎚登山に参加しました。
毎年この時期に開催される登山。今年は90名超の参加者でした。
老若男女を問わずたくさんの方が参加された事に少し驚きました。


石鎚蔵王権現9
いろいろある登山口。
今回は土小屋を起点にゆっくり3時間掛けて登ります。
最初に参加者全員で土小屋にある礼拝所で登山の無事を祈ります。
(石鎚蔵王権現像を参加者が交代で背負って山頂を目指します)


石鎚蔵王権現
今回は登山ではなく登拝といいます。
信仰心を持ってお山に登る時は登拝(登って拝む自然の恵みに感謝すること)と言います。


慙愧懺悔、六根清浄
(ざんぎざんげ、ろっこんしょうじょう)

と唱えながら登ります。

「慙」は、恥じるという意味。
「愧」は、その気持ちを外に出すという意味。
「六根」は、目・鼻・耳・舌・心・体の六つの感覚器のことで六根清浄とは身心ともに清浄になるという意味。

神仏のおわす霊山に登って今までの自分を反省し、身心ともに清浄になるんだ!という気持ちで六根清浄を唱えてお山を登ります。
山伏:ざ~んぎざ~んげ~
参加者:ろ~っこ~んしょ~じょ~




石鎚蔵王権現2
朝9時に登山口を出発した一行はお昼前に山頂に到着。
山頂にある時計が時間を知らせてくれます。


石鎚蔵王権現3
天狗岳は半分がガスで覆われています。
出発時は晴れていたのですが、山の天気はコロコロ変わります。
写真撮影後、まもなく天狗岳はすべてガスで覆われました。


石鎚蔵王権現4
頂上社にて。
参加者全員で般若心経をお唱えします。

石鎚蔵王権現5
その後、八坂寺住職の手によって、参加者ひとりひとりに石鎚蔵王権現のご加持をいただきます。
石鎚蔵王権現さまの総重量は16㌔。
それを背負って登られた山伏さん、参加者有志に感謝です。

石鎚蔵王権現6
石鎚蔵王権現さまのお姿です。





石鎚蔵王権現7
今回の登拝で我が娘のサポートをして下さった松山出身のNさんとYさん。
(大変お世話になりありがとうございました!)





石鎚蔵王権現8
頂上社でいただいたご朱印。
何十冊ものご朱印帳が一挙に押し寄せて焦る社務所の方が印象的でした。


今回は山伏さんと登る企画でしたが、参加者の数を見るとその人気度がわかります。
本当によいひとときを過ごす事が出来ました。
八坂寺ご住職をはじめ関係各位に感謝です。

娘は来年も登るとすでに言っております。



身心ともに清浄になれた1日でした!





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。













愛媛・今治市出身の画家MAYA MAXXさんのライブペイントショーが四国霊場55番札所南光坊でありました。
公認先達のわたしが行かない訳には行きませんので行って来ました(笑)

MAYA MAX南光坊

MAYA MAXXさん
今治出身の画家であり何必館・京都現代美術館で毎年個展を開催するほか、本の装丁画やCDジャケットデザイン、テレビ出演など多様な分野で活躍し若者に絶大な人気を誇る。平成23年度から今治応援大使として度々故郷に帰り今治市主催の講演会やライブペインティングなど地域活性化や人材活動などを展開しています。

MAYA1.jpg
午後7時。
イベント前の画像です。
本堂上の雷雲が不穏な動きを見せ「ゴロゴロ」言ってる図です!



MAYA2.jpg
この日限定で大師堂の秘仏「弘法大師像」のご開帳がありました。
あ~ありがたや。ありがたや。

お大師様もライブを歓迎されているようです。




ライブの始まりです。
最初にMAYAさんがお気に入りのワンちゃんの絵を寺院に奉納。

MAYA3.jpg
寺院とMAYAさんの競演。
新鮮味があります!

MAYA4.jpg
ご住職に絵を奉納するMAYAさん。
この後、ご住職は開帳されたお大師様に絵を奉納。


MAYAさんお気に入りの音楽とともにペイントショーの開始です。
(ただし照明に虫たちが大挙押し寄せて来るとはだれも予想していませんでした)

MAYA5.jpg
船の輪郭を描くMAYAさん。
ご自身が幼少の頃より絶えず見てきた「船」がテーマです。

MAYA8.jpg
虫たちの影響を受け、トークを続けながら描くMAYAさん。
トークはもちろん地元・今治弁。
(話だけ聞いてると、その辺にいる普通のおばちゃんみたいです)


MAYA6.jpg
わざとこんな感じの画像も撮ってみました!







MAYA7.jpg
今回の画像の中で渾身の一枚。
MAYAさんと目が合った瞬間を逃さずパチリ!
(頭の上にはたくさんの虫…)






MAYA9.jpg

go to the sea,go to the future,go to the hometown.
IMABARI MY HOME TOWN
MAYA MAXX 2013 and you and you !!


「写真はなんぼ撮ってもええけんね~!」



MAYA10.jpg

MAYAさん
お疲れ様でした。
とても楽しいイベントをありがとうございました。

私たち今治民は飾らないあなたが大好きです!

来年も南光坊でお会いできる事を楽しみにしています。
ありがとうございました。




板脇住職とMAYAさんはすでに個人レベルで来年のイベント開催を合意されています。
来年、この楽しいイベントに参加できる方はぜひ!!





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。













わたしが今年の4月に歩いたへんろ道が史跡に指定される見込みとなりました。


歩き遍路ブログ
(当時のブログです。ワンクリックすれば見れます)

産経新聞の記事によれば、四国霊場第81番白峯寺~第82番根香寺までのへんろ道(全長約5km)のうち、両端の計2.2kmが史跡に指定される見込みであり、指定は徳島「阿波へんろ道(7.2km)」に次いで2例目との事です。
この区間には道標や丁石などの石造物が残り、史跡としての要件を満たし「民間に広く普及した信仰の道」として貴重であるというものです。

国分寺2



この動きは世界遺産登録に向けた一連の動きとして注目されており、今後は残りの中間区間のへんろ道に関しても調査を続ける見込みとの事でわたし達にとっては大変喜ばしい動きだと思います。

産経新聞記事
(上の文字をクリックすれば記事を見れます)


国分寺5

今後は世界遺産登録を視野にほかの遍路道も史跡に指定される動きが加速すると思います。

多くのへんろ道は地元の方々や遍路の有志の方たちのボランティアで美しく保たれています。
史跡に指定されるのは歓迎ですが、その道を利用するわたし達は「歩かせていただく事に感謝」しながら、きれいに利用したいものです。



 

ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。













四国霊場会では来年に霊場開創1200年を迎えるに当たり、その記念事業として今年の初めから「徒歩練行」を実施中です。

徒歩練行とは75番札所善通寺を起点に寺院の若手住職(副住職)を中心として公認先達(約40名)と八十八ヶ寺を歩いて修行する事業であり、来年の5月9日に開催される記念大法要の日に善通寺に戻ってくるものです。

徒歩練行の行程は区切り打ちであり、全27回に分けて巡拝します。
先達の募集は毎回実施され、全国から有志が集まります。

徒歩練行お大師像4
先週末の徒歩練行の画像です。
先頭の僧侶が吹く法螺貝の音色に従いながら長い列を作って歩きます。
沿道にはお接待をする一般遍路や市民の姿も見受けられます。

徒歩練行お大師像3
今回この事業のために、新調されたお大師像も同行します。
先達が交代でお大師様を背負います。
先達はお大師像のほか、全国から集まった写経も背負って歩いています。




徒歩練行お大師像
27番神峯寺を巡拝中のお大師像。
出発時より日に焼けた凛々しいお姿です。


徒歩練行お大師像2
今年の2月(初大師大法要)に善通寺を出発する時のお大師様です。
(間近からの撮影は気が引けたので望遠レンズを使用しました)

なお、お大師像の横に映っている白いお札は徒歩練行のために特別に作られたお札です。
徒歩練行の一行にお接待をされる方を対象にお渡ししております。
沿道で見かけた場合は記念になりますので、一行にお声をお掛けください。



先週は西条在住の伊藤先達が練行に参加、画像の提供を受けました。
わたしも一行が愛媛に入った段階で参加しようと考えております。


一行が愛媛に入るのは年末の事です。
それまでにはお大師像もさらに洗練されたお姿になることでしょう。





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。













昨日は所用で広島に行った後、テクスポート今治に最近現れたドラムを叩くバリィさんを見に行った。
広島から今治に戻る途中、今治方面の空が異常に黒かったので「あ~これは雨だな」と思っていたけれど、結局わたしの乗る車は一度も雨に濡れる事なく今治に到着。

今治は道も車もずぶ濡れだった。。。
でも雨は通り去った後で雲の切れ間から夕日が差し込んでいた。


バリィさんと虹2
今治ジャズタウンの巨大壁画。
その中心でドラムを叩くバリィさん。


今治JAZZ TOWNホームページ
(上の青い文字をクリックすれば詳細が見れます)




そのバリィさんを撮っていると、どこからか虹や!の声。
咄嗟に向かい側にあるフジグラン今治店の2階に移動。

バリィさんと虹
バリィさんと虹」の画像が撮れました!パチパチ!

よ~く見ると虹は2重なんですよ!
ヤシの木の右側に薄っすらと映る虹が見えた人は今日はいい事があると思います(笑)





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。