四国霊場第9番札所法輪寺。
田園風景が広がる中にこんもりと木々が茂る場所が法輪寺です。

法輪寺のご本尊は88ヶ所の中でも珍しい涅槃釈迦如来です。
絵では数多く見ることができます(涅槃図)が、木彫り像としては珍しいと言えます。
その涅槃釈迦如来ですが、普段は秘仏であり見る事はできませんが、実は3年後にご開帳を迎えます。

3年後まで待てない方は、納経所に行けば写真でその姿を確認することができます。


!cid_C4A01C0A-032C-4F22-872A-8DD0D9533E14.jpg

納経所の左側奥にその写真は飾られています。



!cid_2C9AD587-3A34-46FE-B2C0-3F9259D6A6AD.jpg

納経所の方に撮影許可をいただいて、拡大して撮ってみました。




!cid_1F845CBF-25C8-4686-B003-F804DA244995.jpg

視線を下におろすと、次回のご開帳のスケジュールがありました。
次回のご開帳:平成32年2月15日
たった1日だけのご開帳です。




!cid_6FFBFB1C-59A7-4861-A567-0980A0FF31E9.jpg

視線をさらに左側に移すと、寺宝の写真がありました。
これは古い時代に寄贈されたワラジとの事でした。
いつの時代のものかを聞きましたが、住職不在のために分かりませんでした。

こうして視角に訴えるように情報を開示いただくことは良いことだと感じました。
あとは3年後を忘れずに対応しなければ。
(なおご開帳は5年に一度のペースで開催されています)







ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。

スポンサーサイト
四国霊場第23番札所薬王寺。
ひときわ目立つ建物が「瑜祇塔」です。

この塔は四国霊場開創1150年を記念して昭和38年に建てられたもの。
本尊金色五智如来です。

薬王寺1

青空が映える塔は、下の本堂から見上げるのも良いですが、階段をのぼって塔まで行く事をお勧めします。
下から見上げると「あんな高いところまでしんどい」と思う方もいますが、山門から本堂までのぼる階段のことを思えば塔に行く方の階段なんてラクにのぼれます。


薬王寺3

本堂横の階段を上る間の塔はこんな感じに見えます。
下(階段)を見ながら上るのでなく、塔を見ながら上ればスグに時間は過ぎます。


薬王寺4


この大屋根の上にある5本の相輪は、金剛智慧をあらわす五峯を示しています。



薬王寺5

大屋根と青空と雲のコントラストがよいですね~!



薬王寺2

土台には金色のウミガメが施されていました。

なお瑜祇塔の内部は拝観自由です。
(戒壇巡りのみ有料)


薬王寺公式ホームページ
(クリックできます)


本堂からの眺めよりもさらに見晴らしが良い瑜祇塔にお参りされることをおススメします。





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。

先日、土佐の霊場を巡拝していて入手したパンフレットの紹介です。
題して「お大師さんの旅めぐり

室戸地方を中心とした仏教美術の開催になります。
土佐は修行の道場であり、その地で微笑み続ける仏様の無料観覧という、またとないチャンス!

土佐2


開催期間:2016年2月21日(日)~3月21日(月)まで
開催時間:午前10時~午後4時まで



土佐1


開催場所:
世界室戸ジオパークセンター
金剛頂寺
北   寺(土日祝のみ)
金林寺(土日祝のみ)など


なお期間中の土日に限り、無料のツアーバスも運行予定。
詳細は室戸市商工観光深層水課(電話:0887-22-5134)までお問い合わせください。


室戸市公式ホームページ
(クリックできます)


この機会に素晴らしい仏像との出会いをぜひ経験してください。




ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。

四国霊場第22番札所平等寺では本堂内装を改修、新しくなった本堂で初めての法会を行います。
内装が煌びやかになった本堂にご本尊も年末に移され、いよいよ法会を待つだけになっています。

年末に平等寺を訪れて、谷口真梁副住職とお話をさせていただきましたが、「最初は須弥壇の傾きを修理するだけの予定がいろいろ傷んでいることが分かり、結局大がかりな改修になってしまった」と笑いながらおっしゃっていました。須弥壇は本堂が建った当時に造られたもので、今から約280年のものだとか。

11221347_1067547463265700_8921568090015146502_n.jpg


日時:平成28年1月16日(土) 9:30~17:30ごろまで

いろんな企画が目白押しの法会は参加者みんなが楽しめるものとなっています!

そして今回は85年ぶりに「稚児行列」も復活。


11986450_1075688749118238_8286456289956598837_n.jpg
(***稚児さんの募集は終了しています)


12243274_1075688845784895_8947734563984779620_n.jpg
(稚児行列の行進マップ)




!cid_88B1135D-78B3-42F0-AB9E-4D802DB5AEDB.jpg

ところでみなさんは、この山門の写真を見て何か感じたことはありませんか?
実は以前にあった石製の柵を撤去したのです。
わたしと副住職の意見が以前より一致していて「この柵は邪魔!」のひと言から懇意にさせていただいております(笑)

ただ正面の2本の石柱は大がかりな撤去工事になる見込みであり、今後、時間をかけて取り除かれるとのことでした。
これで以前の本来の姿に戻ってくれると思うとうれしい限りです。
(本ブログの2枚目の85年前の写真にも柵はない)


!cid_1930A34F-3726-461E-8CAD-A2F58E88BEFB.jpg

大晦日の慌ただしい時間帯にお邪魔したのにも関わらず、本堂内部までご案内いただいた副住職に感謝の気持ちでいっぱいです。1月16日(土)はきっと楽しい法会になることでしょう。

お時間に余裕のある方はぜひ平等寺初会式にお出掛けください!





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。

皆さんは日本一低い山と聞けば、大阪の天保山を思い浮かべると思いますが、天保山は江戸時代に人工的に作られたお山です。そして実は自然で出来た日本一低いお山が徳島にあることをご存じでしょうか?

そのお山は、四国霊場17番札所井戸寺から18番札所恩山寺に向かう途中(へんろ道沿いでない)にあります。

DSCF7082.jpg

徳島市方上(かたのかみ)町弁財天8番地1。
この地はその昔、海の中だったそうです。このお山は小島であり、その関係で海の守り神とされる弁財天がお祀りされたとか。


DSCF7068.jpg

室町時代に入り、海が沖合に引いたためにあたりは水田地帯に変化し、現在に至るそうです。
1970年代の写真にはお山には立派な松が生い茂っていて(現在は枯死)、その写真を見る限りはまさに「小島」の体を成していたと容易に想像できます。


DSCF7093.jpg

さて、標高6.1メートルの弁天山。
お山の入り口には立派な鳥居があり、片方には「四国霊場世界遺産登録」の祈願札が設置されています。
この鳥居を過ぎれば、時間にして約20秒足らずで頂上に登頂できるわけです!



DSCF7074.jpg

頂上には弁財天の祠がちゃんとありました。
そしてその脇には、登頂者が記念にメモできる帳面があり(観音開きの箱があります)、登頂者の寄せ書きとともにお遍路さんのお札も貼り付けられていました。正面にはなぜか福山雅治さんの写真も!鍵が掛かっていないので、開閉は自由のようでした。




DSCF7094.jpg

今回のミッションは、登頂証明書を入手すること。
お山沿いの道を挟んだ向かい側にラーメン屋さんがあり、そこに行けば入手(100円)可能です。



DSCF7092.jpg

お店の店主いわく、保存会から委託を受けて「証明書」を発行しているのだとか。
その証明書はお店玄関の右側にある特設BOXにあります。
ただいくら100円払ったからと言っても黙って持ち去ることはせずに、お店にお声掛けはしましょう!
(お店の敷地内に自分が入っていることを自覚しましょう)



DSCF7085.jpg

お店の中に入ると、弁天山のお守りやステッカーなどを記念に買う旅行者もいるそうです。
わたしはお店自慢のラーメンとチャーハンをしっかりいただいて今回のミッションを完了しました。



弁天山に立ち寄る時間はほんの1時間ほど。
お遍路さんも旅の記念になる「日本一低いお山」にぜひ登ってみましょう。





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。