四国霊場第64番札所前神寺。
山号は「石鈇山」と言います。普通は「石鎚山」と書きますが、ここ前神寺は「鈇」と書きます。
パソコンで表記する場合は「フ」で検索すると「鈇」が出て来ます。
意味は尖っている、ギザギザしているという意味です。

この字が最初に古文書に出てくるのは1842年に編纂された「西條誌」に戦国武将の福島正則が石鈇山と書かれた額を奉納したとの記述があり、それ以前よりこの山号が一帯の地域で使われていたと推測されます。今では石鎚山となっていますが、昔は石鈇山と呼ぶのが一般的だったのかも知れません。

さて今回はその前神寺で実施された柴燈護摩を紹介します。
前神寺は明治の廃仏毀釈で一時的に廃寺になりますが、元々の場所は今ある石鎚神社がそうでした。
今でも石鎚神社には、前神寺の面影を各所にみる事ができます。

話は戻りますが、石鎚信仰の根本道場である前神寺の柴燈護摩は一般的な柴燈護摩供とは違います。
結界作法、斧、奉剣、奉弓などはなくシンプルそのものです。
もちろん護摩の後の火渡りもありません。


!cid_6B109878-4905-4D6D-845F-DFC46D47EBAB.jpg


お寺では代々、護摩供の中で結界作法がないのは、そもそもお寺全体が結界であると解釈することによります。
斧、奉剣などがないのも古くから行者に伝わっているためです。


!cid_61FE8B79-8C49-4F37-BA6E-57D3E895CE87.jpg

護摩のクライマックスは、護摩の周囲を3回、空櫃が回るところです。
この空櫃は夏山の時期に山から下りてきた(お下りさん)三体の権現様(石鈇蔵王大権現)が入っていたものですが、護摩ではその中に信者あら預かったお札が入っているそうです。



!cid_4908C523-F4D6-4E46-979A-27805048C4DB.jpg


時計回りに3回だけ護摩の周囲を回ります。
また三体の権現様は形、大きさ、持ち物、手の形がそれぞれ違います。
護摩が終わると祭壇にお祀りされていた権現様が本堂前に降りて来ます。



!cid_4809204A-62C1-405F-BA14-E0A5DE026538.jpg

本堂前に集まった信者の背中に三体の権現様を一人ずつ行者が押し付けていきます。
このご縁があるからこそ、火渡りをしない理由なのです。


!cid_9D6E0C9A-78C1-4CD0-8E8E-5BE20EA952A1.jpg

信者の列は最低でも300人は下りません。
その間、不動明王のご真言がずっと唱えられています。

わたしも体験しましたが、三体のご神体が自分の背中に押し付けられる時に熱いなにかを感じる事ができました。
そして最後にご住職、行者さんから今年のお下りさん(7月11日)に参列するように言われて帰路につきました。








ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
新年早々の1月14日(土)。
毎年この時期に四国霊場58番仙遊寺の柴燈護摩供があります。

今年は久しぶりにご住職が参加されました。
去年はひどい雨中での柴燈護摩だったので、今年は晴れて良かったです!

!cid_6AA6B4A2-1211-4999-BB44-F9CDDEBA7417.jpg

写真右端がご住職でその左側が副住職。
今年は二人そろって開催。



!cid_00E224EC-DEBA-461D-99C4-6173367A2B14.jpg

山寺なのであまり大きい火は焚けません。
しかしいい写真が撮れました。
よく見ると炎の中に昇竜の姿が見えます。



!cid_FD1F1E20-4E05-4DE0-8839-D866FEFCBBC3.jpg

火渡り修行。
住職に続いて副住職が渡る瞬間をうまく写真に撮れました。



!cid_60959440-6F33-4BB5-AFBF-5557EA30FD61.jpg

一般参拝者が渡る頃は火はほとんど鎮火しているので、やけどをする事はほとんどありませんので、安心して渡れます。ただ過度に渡ることを意識し過ぎるとやけどをする事はあります。普通に渡れば大丈夫です。


!cid_4CE9E0E9-FAB2-4454-B448-B0EE4C9C8181.jpg

わたしが渡る前に副住職がひと言。
「火を起こしますから待ってください」と言われました。

大きなうちわで煽ぐと、それまで燻ぶっていた火が起きて来ました。
これも修行と思い、気合とともに渡り切りました。
しかしさすがに無傷では済まずに足裏は少しやけど(笑)

ちなみにわたしの次に並んでいた人は火を再び寝かしてから渡っていました。

火が起きた状態で火渡り体験をしたい人は、来年の火渡りでわたしの後に続いてください。




ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
2017年も残すところあと数日となりました。
年末に向けてご自宅の掃除を含めて慌ただしい年末をお過ごしのことと思います。

さてつい先日ですが、
わたしの親寺にあたる54番札所延命寺より一通の封書が届きましたが、その中に「非常に珍しい光景」と題して2枚の写真が入っていました。それはご住職も目にしたことがないという境内の1ページでした。


!cid_5F96B5A3-543A-47DB-98BD-2211DC4061D6.jpg


延命寺参道脇にある池の土手の桜が落葉する前に紅葉しました。
こんな光景は初めて見たので写真に撮りました。
皆さんに見てもらいたいと思い同封させていただきます。


という文章が添えられていました。



!cid_47DCFE89-A246-414B-82F1-40620188A0CA.jpg

延命寺の住職が「初めて見た」というくらいだから相当に珍しい光景だったのですね!
そういえばわたし自身、延命寺に関わらず桜の木が紅葉すること自体、はじめて見たかも知れません。

という事で、わたしだけ見るのは勿体ないと思い、ご住職の許可を得てブログにUPしています。
来年からは、延命寺の参道をただ通るだけでなく、桜の木を注意深く見たいと思っています。





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
クリスマスから年末にかけては何かと忙しい日々をお過ごしのことと思います。
お正月を過ぎて、そろそろ落ち着いてきた頃にあるのが四国霊場58番札所仙遊寺の柴燈護摩供です。

今年は珍しく雨中の柴燈護摩でしたが、参加の皆さんは足元がグチャグチャになりながら火渡り修行。
来年はきっと晴れてくれるでしょう。


!cid_0B602AB9-C95C-4BA4-ADB1-3B6F80798C37.jpg


開催日時:2018年1月14日(日)午前11時~


さて火渡り終了後に行われるのが、開運福引です。
これもかなり良い商品が当たるので、これ目当てに来る参拝者も多いとか。
お正月明け早々に良い福が来るといいですね。

この日は麓のJA駐車場が開放されて、そこから無料送迎バスを利用します。
満車になっても第2駐車場がありますので、車の方も安心してください。

山寺の境内で実施される柴燈護摩供は、広いスペースで実施される47番札所八坂寺の柴燈護摩のように火柱が大きく立つようなことはありません。寺院それぞれの柴燈護摩の違いを見出すのもひとつの楽しみです。

お時間のある方はぜひ仙遊寺まで足を運んでください。





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
四国霊場第45番札所岩屋寺。

奥の院の「せりわり」行場は、今現在、ハシゴの老朽化によりお参りが不可能になっています。
過去のブログ
(クリックできます)

岩屋寺では今年の6月より、納経所にて「ハシゴ架け替えの寄進のお願い」ポスターを掲示。
しかしながら今年はお遍路さんの数が例年よりも少ないこともあり寄進が苦戦しております。


梯子勧募ポスター


副住職からポスターのPDFファイルをお借りして、この場で皆さまのご協力を呼び掛ける次第です。
納経所内では2か所に掲示されていますが、どうやらお遍路さんの目に届く場所にないようです。注意深く周りを見るお遍路さんには目につくのでしょうが(笑)

この行場は弘法大師が開いた行場であり、鎌倉時代には時宗の開祖・一遍上人もご修行された由緒ある場所です。国宝「一遍聖絵」にはおよそ800年前に描かれた「せりわり行場」が描かれており、今現在もほぼ当時のままで保存されています。
頂上の白山大権現に至るハシゴは約40年前に架けられたもので老朽化が目立ち、頂上に上ることが危険とされ現在は登拝禁止になっています。工事の総工費は5,000千円を予定しており、皆さまのご協力をお願いいたします。

詳しくはポスターをご覧いただき、ご不明な点は直接、岩屋寺までお問い合わせください。





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村