平成30年は四国別格霊場が開創50周年であることは前回のブログで触れましたが、今年は四国36不動霊場が開創30周年を迎える年でもあります。今年は“お四国参り”が熱い年になりそうですね!

ということで、今回は36不動霊場の情報をアップします。

!cid_1A26059D-B186-41C5-8738-866379A53E18.jpg

写真の右側が通常の納経。
左側が開創30周年記念の納経になります。

また寺院によって台紙の色がそれぞれ違います。
(西山興隆寺は水色でした)

不動霊場の納経帳が四国88ヶ所の納経帳と違うのは、右端に二つの穴が開いていること。これは不動霊場の納経帳がバインダー式になっていて、霊場にお参りするごとに順番にバインダー本体に足していく形態を採っているからです。


!cid_0631C781-DF90-47A6-8347-3A4EBD4D617F.jpg

納経の裏面です。
裏面は同じでした。



!cid_E9E9E9E1-A950-429B-B92F-998EE9E27707.jpg

そして今回は御影が特別にいただけることです。
それぞれの童子に赤い線状のものが見えますが、36不動を結願して御影をすべて合わせると見事なお不動さんが1体現れる仕掛けになっています。

詳しくは、下記のページをご覧ください。

四国三十六不動霊場公式HP
(クリックできます)


皆さんもこの機会に不動霊場を巡拝されてみてください。






ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
四国別格20霊場は今年で開創50周年を迎えるにあたり、1月1日より各札所で記念散華を配布中です。

!cid_BCAB5A78-877D-4526-8688-1E39208946BA.jpg

自宅から近い10番、11番札所に早速お参りに行って来ました。
写真はいただいた散華です。

散華中央の梵字は金色(金箔押し仕立て)。
裏側には今年が開創50周年であることが記されています。
札所の御影と記念散華をセットでいただけます。



!cid_A63A4010-D6AF-4672-B050-9A9384F0E4D2.jpg

さらに
札所によっては、写真のように記念スタンプが押せる札所もあります
ただし記念スタンプがない札所もありますので、納経時に確認が必要です。


記念散華の配布は、平成30年1月1日~平成31年6月30日までです。
詳細は別格霊場のホームページを参照ください。

四国別格20霊場公式ホームページ
(クリックできます)


皆さんもこの機会にぜひお参りください。










ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
四国別格20霊場第7番札所の出石寺。
50年ぶりのご本尊ご開帳に参拝した時に見た御守。

「あじさい守」

そういえば、
出石寺の参道はたくさんのあじさいが植えられていて、あじさい寺と呼ばれて久しいお寺です。


!cid_5ABE07CD-85AE-482A-82B5-54B4D657A958.jpg

ご本尊のご開帳は10月だったので、参道のあじさいは季節が違うために花を見る事はできません。
ただし写真のように、大師堂から本堂を眺めると七色の幕が晴天に映える風景を見る事ができました。



!cid_E8375593-4C9C-45CF-9C7E-509A13C052E9.jpg

そのあじさい寺のあじさい守は、昔から人気のお守りです。
特に若い女性の間では隠れた人気を誇ります。



一方で最近は四国八十八ヶ所でもあじさいを売りにしたお寺があります。
66番札所雲辺寺。

!cid_4AAB42E0-B86F-493F-A21A-AC3C09BA1278.jpg

これまた地元のケーブルTVで放送されて以降は、入荷すると即完売する御守がこれ。
あじさい御守。



双方ともなかなかかわいいお守りです。
ふたつとも手元に持つのも相乗効果で良いかも知れませんね。
あじさい好きの方には見逃せない逸品です!





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。
四国別格霊場第7番札所出石寺。
今年で開山1300年を記念してご本尊のご開帳がありました。

!cid_313534EF-84CF-4573-B342-D23DA573CB59.jpg

50年ぶりのご開帳とありますが、毎年お正月にはご本尊のご開帳があります。
ではどこが50年ぶりなのでしょうか?


!cid_C4C1E3EF-8619-4BC9-9115-83724767C705.jpg

山門に向かう参道には開山1300年ののぼり旗が風になびいています。
ご開帳は、本年10月8日~17日までの10日間でした。



!cid_9EBEFA16-F803-428A-843E-D0502CCCDF71.jpg

境内にはマルシェもあり普段とは違う装い。
わたしが行った平日でもたくさんの参拝者がいましたが、白衣(遍路装束)を着た人はまばらでした。


!cid_2294B96F-844F-4528-859B-2AF47A6DB95B.jpg

本堂。
ご本尊は十一面観音。

先ほども触れましたが、ご本尊のご開帳は毎年お正月にあります。
そのご本尊が祀られている足元に石棺があります。その石棺の蓋を開けたのが50年ぶりとの事。

石棺の内部はなにも無いようです。
昔にはなにかあったのかも知れません(=開山期のご本尊?)が、係りの人に聞くと心眼でなにか見えるそうです。
そもそも内陣は薄暗くて石棺までの距離も遠く、中まで見える雰囲気でなく、石の蓋がずらされているだけのことです。そこは信仰の世界なのでそれを見た参拝者がどう感じるか?ではないでしょうか。

ご本尊の胎内にも石棺の中からなにかを出して埋められている(=開山期のご本尊?)ような説明でしたが、聞いていてもよく分かりませんでした。機会があればご住職にいろいろお聞きしてみたいと思っています。

出石寺縁起
(クリックできます)

出石寺縁起と関連付ければ、係りの人が言ったこととの対比ができそうです。
説明板があれば聞き違いなどがないように思いました。


本堂を出る際に、記念に散華をいただくことができました。
特に拝観料などなく、散華をいただいたお礼にお賽銭を置いて帰るシステムでした。






ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。
四国別格20霊場第1番札所大山寺。
西暦500年ごろ開基の古刹は境内に大銀杏の木があり、秋になると黄色い葉っぱの絨毯で敷き詰められ、すばらしい風景を見る事ができるお寺です。
その大山寺に麓から向かう道は町道であり、道幅は非常に狭く3キロの道のりでは対向車が来ないことを祈りながらお参りしている人も多いと思います。今回はその「狭い町道の整備を霊場会と大山寺が上板町長に嘆願して全国の皆さんから署名を集める」ことになりました。


!cid_6AC344F5-8EC5-4B0E-933D-DE26304229DC.jpg

上記がその署名の用紙です。
町道拡張にご賛同いただける方は、この機会に署名をお願いいたします。

四国八十八ヶ所の札所でも最近は道幅が広くなり、便利になりました。
ぜひ皆さまのご協力をお願いいたします。


署名いただける方は、上記の写真をコピーしてご使用いただくか、もしくは直接大山寺にお問い合わせください。








ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。