四国八十八ヶ所霊場第81番札所白峯寺。
平成29年度に境内9棟の建造物が国指定重要文化財に指定された記念事業として、記念散華が発売されました。散華はシール状になっていてどこでも貼れる仕様になっています。

過去のお知らせブログ
(クリックできます)


今回は久しぶりにお寺に参拝したので、早速、記念散華をゲットしました。

!cid_2BF6F80B-5874-4EBC-95FC-B7F4B834CE1E.jpg


写真の白色の散華は、平成31年12月31日までの販売です。
それ以降は赤色の散華販売に変わりますのでご注意ください。

個人的には、シールでなく紙製の散華の方が使い勝手がいいので良かったのですが、そうなると100円という単価がとれなくなるのかな。。。欲しい人なら紙製でも100円で買うと思いますがいかがでしょうか。


白色の散華を手に入れたので、赤色の散華も必然的に買うことになりそうです。
「記念」とか「限定」ものに弱いわたしが確実に存在しております(笑)


ブログご覧の皆さんもご興味あれば手に入れてください。






ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
四国霊場第76番札所金倉寺。

天台寺門宗の別格本山は由緒ある古刹であり、弘法大師の甥にあたる智証大師の生誕地です。
地元の人々から「おかるてん」の愛称で親しまれてきた金倉寺の訶利帝母(かりていも)。 鬼子母神(きしもじん)とも呼ばれ、智証大師が幼少の頃に眼前に現れたという言い伝えが残り、今でもその尊像を祀っています。

!cid_D0727B81-5C52-437A-8B0F-C6ACC489D179.jpg
(写真提供:金倉寺副住職)


今年はそのおかるてんさんが出現されて1200年目に当たり、金倉寺では先の4月21日に開白法要を厳修。
この年から複数年にわたり、ご出現をお祝いする期間を設けて結願を6年後の2024年すなわち金倉寺が創建されて1250年目に当たる年までお祝いが実施されるのです。ちなみに日本で最初におかるてんさんがご出現されたのがここ金倉寺なのです。

結願の2024年には護法善神像の開眼法要も実施され壮大な法要になることでしょう。
護法善神像とは、最初に金倉寺に出現されたおかるてんさんをそのまま刻した像であり、今現在は総本山の三井寺(滋賀)に安置されています(重文)。今回は金倉寺住職が発願されこの機会に新しい像が作られるわけです。


!cid_B036295A-D9D8-4BDC-9A9C-C4D4E33CCD25.jpg

このバッジはご出現1200年を記念して作られた記念バッジです。
おかるてんさんは、子授けや安産、また子供や女性の守り神さまとして古くから信仰されていることもあり、左側は赤ちゃんがモチーフに。右側は境内にあるざくろの実をモチーフにしたものです。

その他、金倉寺の副住職ご夫妻のアイデアでお寺にちなんだ様々なグッズもありますのでぜひ!


金倉寺公式ホームページ
(クリックできます)



どうぞこの機会に金倉寺へ。
単に本堂と大師堂だけをお参りするだけではもったいない魅力たっぷりのお寺ですよ!







ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
四国霊場第70番札所本山寺。

ご存じの方も多いと思いますが、本山寺の五重塔は平成の大修理中です。
その勧進という事で今回も昨年に引き続き、秘仏のお前立ちご本尊の特別開帳を実施中。

!cid_DE014CC7-A623-4337-9059-321F21F4654F.jpg

春季:平成30年5月20日まで
志納料:500円


国宝の本堂の中で直に秘仏を見れるチャンスはあと10日ほどです。
この前立佛馬頭観音は、江戸時代(1798年)、京都の仏師・北川運長によって製作されたもので、善通寺のご本尊(薬師如来坐像)と年代が同じとされます。運長はその他、奈良や京都の有名寺院の仏像を手掛けた仏師であり、当時の本山寺の寺勢を容易に想像する事ができます。


13076937_1188140034529762_5952866226106736362_n.jpg


そして今回はお前立ちご本尊のほかに、外陣、脇陣を開放し不動明王、愛染明王を間近で見る事ができます。
また新婚の副住職は高野山の本山布教師でもあり、おしゃべりが達者なのでいろんな面白いお話しを聞けるでしょう。不明な点があればなんでもお気軽に聞いてみてください。


どうぞこの機会に四国霊場唯一のご本尊・馬頭観音さんと良いご縁を結んでみてください。







ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
四国八十八ヶ所霊場第68番神恵院および第69番観音寺。
今までの納経所が写真のように仮寺務所に移転になりました。


!cid_B7502B7A-3CAD-4392-9298-0AA61E21DAA8.jpg

仮寺務所は68番大師堂横になります。
従来の寺務所の整備工事に伴う一時的な移転となります。
仮設は一年半程度を予定


ただ68番の大師堂でお経を唱える声が納経所に聞こえる距離なので、お参りされる方(特に先達さん)はしっかりとご住職に見られていますからきっちりとお経を唱えましょう。手抜きは禁物です!



!cid_4591F1B0-B495-48DD-B0BD-FEBF132A1340.jpg

以前、このブログでも書いたように、法螺貝初心者のわたしが恥知らずの法螺貝を68番境内で立てていたら、ご住職がわざわざ工事前の旧納経所から出て来られてガン見されたのには驚きましたが、仮納経所になればすぐに顔が見えるので、おそらく出て来やすいでしょうね(笑)まあその節はまたよろしくお願いします。


(なお、この写真はご住職が撮影されたものを許可をいただいて掲載しております)





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
四国霊場第81番札所白峯寺では、建造物9棟が国の重要文化財に指定されたのを記念して、
「開運招福」を祈念した散華シールを授与されることになりました。


!cid_1F2841B4-9145-4203-B610-89BAEA531DB7.jpg


授与期間は、①平成30年1月1日~平成31年12月31日までの2年間
         ②平成32年1月1日~平成34年12月31日までの2年間


なお、この散華は通常の納経では授与されません。
奥の院、十一面観音、白峯大権現のご朱印をいただくと授与されます。
(どれかひとつのご朱印につき1枚授与され、3つのご朱印をいただくと3枚授与されます)

また散華だけ欲しい方は、100円払えばお譲りいただけます。
(通常の納経+100円で記念散華を授与されます)



この機会に、記念散華を手に入れましょう。





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。