FC2ブログ
新四国曼荼羅霊場のまんだら大祭が11月29日にありました。
今年は霊場開創30周年記念の年にあたり、大祭は盛大に開かれました。

まんだら大祭22

まんだら大祭は年1回各霊場(讃岐、阿波、高知、中央、伊予)で1回ずつ実施されます。
今年は讃岐部会の順番であり、第16番松尾寺で開催。




まんだら大祭1

大祭の始まる午前10時よりも1時間早く現場に到着。
山門はまだ通常の静かな佇まいでした。


まんだら大祭2

今回実施される式次第を確認します。
式次第を見ると別場所ですでにお砂踏みが始まっていました。

そちらに向かおうとしたら1本の携帯電話が入り、金毘羅さん表参道入口に集合と言われました。
急いで現場に向かいます。


先達会理事が待っていて、今日の行列に先頭で「曼荼羅霊場」の旛を掲げて歩くように言われました。
しかしまだ開始時間の10時まで時間があるために金毘羅さんの表参道でうどんを食べる事にしました。



まんだら大祭3

さすがに9時15分ではうどん店も開いていません。
開いているうどん屋さんを探しながら参道を歩いて行きます。
すると「こんぴらうどん」さんが開いていました。

店内に入ると「ちびまる子ちゃん」にこのお店が描写されていた事が判明!

まんだら大祭4

あたたかいうどんを食べる事ができました。
(11時になれば松尾寺境内でうどんの接待があるのを知りながら。。。)




まんだら大祭9

法要の前に金毘羅参道をお練りする時間が近くになるほど境内はたくさんの参拝者でいっぱいになりました。
次回以降は大祭の詳しい状況をブログにアップしていきます。
(写真提供:山本知司先達)








ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



わたし達は地元の今治市で法螺貝愛好会として「今治立螺之会」を立ち上げて、法螺貝の魅力を発信すべく、今回はSNSのインスタグラムにオフィシャルページを立ち上げました。↓↓↓


imabari ryuura

活動は月1回の割合で講習会を開催し、石鎚立螺法5段の講師の先生を毎回招いてご指導を受けています。
本会は厳しい指導だけを受けるのでなくて、基本は「楽しみながら法螺貝を立てる」がモットーです。



感心のある方はインスタで情報を拾ってください




imabari ryuura02

11月に別団体の法螺貝愛好会である「はりま立螺之会」大中会長とご縁をいただき、ご本人から会報をいただきました。はりま立螺之会は発足して10年以上の実績がある団体です。わたし達の今治立螺之会は1年足らずですから、ご指導をいただきながら共に発展していければと考えています。


来年早々には石鎚立螺法の法螺貝を立てながら札所を回りたいと考えています。
今後とも「今治立螺之会」をよろしくお願いいたします。







ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
四国霊場66番札所雲辺寺の開創1230年記念御開帳は昨日が最終日であり、たくさんの参拝客で賑わっていました。団体バス以外の一般遍路がこんなにたくさん境内にいるのは見たことがないくらい大盛況でした。

雲辺寺0012 (1)

今年の紅葉は例年よりも遅い(住職談)様子。

雲辺寺0013

まだまだこれから紅葉が始まる感じです。

さてご開帳は本堂裏の宝物殿でありました。
宝物殿には大師堂経由で行く事になります。


Unpenji06.jpg

約100年以上ぶりにご開帳されたとあって参拝の皆さんは興味津々です。
撮影禁止のために目で焼き付けるしか方法はありません。


雲辺寺0012 (2)

宝物殿の前にあった「立て看板」の左上にラミネートされたご本尊の正面写真がありました。
それを副住職の許可を得て撮影し、本ブログでアップさせていただくことの許可も同時に得ました。
これがご本尊のお姿です!


雲辺寺0014
雲辺寺0015

そして副住職お手製の渾身の逸品(特別ご朱印)。
(上)貼り絵バージョン
(下)スタンプバージョン

実は、両方とも通常のバージョンよりも少しだけ紅葉の数が多いのです!
(見比べてみてください↓↓↓



通常の特別ご朱印
(クリックできます)



今回はお寺の特別のご厚意により、ご開帳に合わせていろいろな雲辺寺の歴史をお聞きすることができました。
今のご住職で37代目であることや江戸時代に萩原寺(別格20霊場)との間で「雲辺寺名称使用」について裁判になり、徳島藩を通り越して、幕府の柳沢吉保公の知るところとなった事などいろいろ興味深いお話しをお聞き出来ました。

さて雲辺寺では「メタル不動明王」が現本堂に鎮座していますが、今週にはさらに「メタル毘沙門天」がお堂に加わる予定とか。色彩豊かな本堂にさらなる色彩が加わるのでしょうか?すごく興味があります!








ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
四国霊場第60番横峰寺では現住職の代では初めてとなる柴燈護摩を実施します。
この日は77番道隆寺の柴燈護摩法要と見事にかぶっているものの、山岳信仰を色濃く残す横峰寺の護摩はきっと素晴らしいものとなることでしょう。


yokomine101.jpg
(写真提供:横峰寺住職)


開催日時: 2019年11月16日(土)午前11時~
場所:横峰寺奥の院(星が森)


横峰寺山門から約15分ほど上がったところに奥の院(星が森)があります。
その手前に大きな広場があり、そこで実施します。

ただ晴れていても、強風の場合は山火事防止のために中止になる可能性もあり、お参り前に電話で確認することも大事です。はっきりしない天候時はお寺に問い合わせましょう。







ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
四国霊場66番札所雲辺寺では毎月18日限定であるお守りを授与しています。
毎月18日という意味は観音様のご縁日というところからです。

目アキラカニ ナシタマエ
この文言は、ご本尊である千手観音を解体修理した際に胎内から出てきたもの。
雲辺寺ではその文言を「目」のイラスト(同時に出てきた)と共にそのまま眼病平癒のお守りとしました。


me-aratakani.jpg
(写真提供:雲辺寺副住職)


平安時代に作られたご本尊の胎内から出てくる文言をお守りとして再現したお寺は、センスの塊ですね!
ちなみにご本尊は、国指定の重要文化財です。


さてその18日限定お守りは、10月末から始まるご本尊ご開帳(3日間)に合わせて、特別に授与されます。
目に病気を持つ方や老眼、近視の方などご利益をいただいてください。


特別授与日
10月27日
11月03日
11月07日
は、ご本尊のご開帳とともに特別授与のお守り授与もお楽しみに!!







ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村<