今年で第6回目を迎える遍路道ウォーキング大会があります。
道後温泉の近くにある道後公園を起点に歩くウォーキング大会です。

その名は、
第6回道後湯けむり遍路道ツーデーウォーク !!


!cid_7457D7C4-C612-4696-9761-3A24E40A8EFE.jpg



コース:11月18日(土)
①35kmコース(岩屋寺→浄瑠璃寺まで)
②12kmコース(古岩屋荘→天空の郷さんさんまで)
③10kmコース(三坂峠→浄瑠璃寺まで)
④05kmコース(道後公園周辺コース)

コース:11月19日(日)
①31kmコース(道後温泉→石手川→重信川→西林寺→道後公園)
②20kmコース(浄瑠璃寺→石手寺→道後公園)
③08kmコース(円明寺→太山寺→繁多寺→石手寺→道後公園)
④03kmコース(道後公園周辺コース)


!cid_400F691F-73FD-4343-8F6A-89BF3D9E5B53.jpg


わたしも毎年参加していて、今年は18日の②番に参加します。
開会式やコース途中で「ブログを見た」と言っていただければわたしの納め札でよければ差し上げます。

この大会は主催者が女性の皆さんなので、普段のウォーキング大会よりも気の効くお接待があります。
ぜひ皆さんお誘い合わせの上、ご参加くださいね!!

事前申し込み締め切り:2017年11月10日まで
参加費用:事前申し込み→2000円、当日参加→2500円




ウォーキング大会の詳細は下記のHPへ ↓↓↓
えひめノルディックウォーク協会公式HP
(クリックできます)





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。

スポンサーサイト
伊予路を行く歩き遍路が必ず通る旧土佐海道。
四国霊場45番岩屋寺から46番浄瑠璃寺に向かう途中に旧へんろ宿「坂本屋」はあります。

三坂峠をくだる中で最初に民家の屋根が見えてくるのが坂本屋です。
坂本屋は江戸時代から昭和初期まで実際にお遍路さんが泊まったへんろ宿でしたが、今では地元NPOが運営する休憩所(接待所)として再利用されています。建物は当時のままの姿であり、週末(土日)のみオープンしています。


!cid_F138C602-E6E6-442C-BED9-948BEC283CC5.jpg

写真の日は、地元の小学生たちが生涯学習の目的で三坂峠をくだり、途中の坂本屋で休憩しているところです。このように三坂峠をくだる団体は事前に坂本屋に連絡しておけば、お接待所として活用できる場所でもあります。



!cid_C9823020-447A-4804-9CEB-36DBFAB0617F.jpg


正面には坂本屋の看板。
ちなみに坂本屋の「本」部分に見える白い貝殻は、スペインのサンティアゴ巡礼をした人からの贈り物。


そして今回、老朽化が目立つ屋根部の改修を実施することになりました。
当時のままから100年経った屋根は傷みもひどく、下の写真にあるように波打って見えています。

!cid_A2FCD29E-985F-4516-9B8E-8C1AFA4119D9.jpg

改修は今年の11月から骨組みを設置。
例年の店じまい(12月~3月初旬くらいまで)の期間中に屋根は新しくなります。
なお11月中のお接待は継続されます。

従来の姿を写真に納めるには10月いっぱいまでが限度でしょう。



!cid_4D502CB6-3B38-4685-A02E-62B6F837BECA.jpg

すでに葺き替え予定の瓦は現地で保管されてます。
この瓦はある古民家からいただいてきたものですが、まだまだ使えるようでした。

来春のお遍路シーズンには新しい瓦でお遍路さんをお迎えすることになります。





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。

四国三十六不動霊場第25番札所睍壽院(けんじゅいん)法律寺。
真言宗御室派のお寺は四国中央市土居町にあり、別格霊場の延命寺の近くにあります。

山門をくぐる前から、小奇麗にまとまった感のあるお寺は四国48番西林寺に雰囲気が似ています。


!cid_BC28E979-7412-4D02-93E0-462DC6C252DD.jpg


整備された山門。
寺伝によれば奈良時代の創建で行基菩薩の開基。
山門は弘化年間の建立です。



!cid_DE38F4BD-7687-429F-955B-E59CE243568D.jpg


僧守護童子像。
不動霊場では、それぞれのお寺がお祀りしている童子のご真言を本堂で唱えます。



!cid_149C2005-0FA9-4434-BB28-7F00E2D3569B.jpg

本堂は昭和59年に弘法大師ご忌記念事業として再建。
ご本尊は不動明王です。


!cid_55CB6F7B-4DE9-416D-836F-0866303260BD.jpg


このお寺は独自の散華を配布しています。
8月、9月の2か月間は写真の毘沙門天がモチーフ。
2か月ごとに違うデザインの散華を受ける事ができます。

2か月ごとにお参りしてそれぞれの散華を手に入れるのも良いかも知れませんね。
またお参りしたいお寺さんでした。







ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。

四国36不動霊場第24番札所隆徳寺。
新居浜にあるこのお寺は国道11号線の幹線道路から少し入った場所にあり、比較的行き易いお寺です。ただお寺の前の道は抜け道らしくかなりの交通量がありますので、お寺の向かい側にある駐車場から道路を横断する時は注意が必要。

!cid_EA570317-9D8F-48B1-93A3-595D5372BD76.jpg

境内はきれいに手入れされていて、手入れの加減がイメージで言うと四国霊場48番西林寺のような感じです。
(高野山真言宗)


!cid_4E85A3B3-E042-471E-B29A-04C9ED6B3183.jpg

山門。
本堂が正面にあるので、ここが山門です。
立派な石組みの山門。
両脇に仁王像がありました。


!cid_80E54691-E09F-488A-A003-8CC8C5733AA1.jpg

本堂。
これまた屋根のカーブの具合が四国霊場55番南光坊に似ています。
(どうしても八十八ヶ所と比べてしまいます)
ちなみに南光坊の本堂は奈良・唐招提寺を手本としています。



!cid_1DB91AD0-CC0B-46CC-8D23-876BB50885E8.jpg

不動堂。
お不動参りなので、このお堂の前でお経を唱えます。
この不動堂の反対側には立派な木像の門がありました。

まだ慣れていないので、好き放題に疑問点を聞くことができません。
お不動参りは初心者なので、回り方としてはフレッシュな気持ちでお参りできています。





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。
四国別格霊場11番札所生木地蔵。
本堂の隣に大木が倒れた状態で保存されていますが、その木は楠で樹齢は1200年以上。

元々は、本堂と大師堂の間に立ち、弘法大師がこの地を巡錫した時にお地蔵さんを刻んだとのいわれがあります。

!cid_DF425AAD-E9FC-4AED-A6A5-DE944540A4CE.jpg

写真は、本堂の賽銭箱に貼られたものです。
よく見ると左上に注釈がありますが、昭和29年の台風により楠は倒壊。
現在、そのお地蔵さんは本堂内に安置されているとのこと。

本堂は残念ながら開放されていませんので、実物を見る事はできません。
しかし倒壊前の写真であっても、こうして見られることは有難いことです。


ちなみに生木地蔵は大師堂を再建すべく、皆さんからの浄財を集めています。
少しでも良いかと思いますので、ご協力をお願いいたします。





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。