FC2ブログ
新四国曼荼羅霊場会では今年で開創30周年を記念して徒歩練行を実施中です。
八十八ある寺社を徒歩で行脚して、結願は来年11月の予定です。


!cid_540C1D48-D67D-4413-9BFB-298D1BD443C9.jpg

今回の徒歩練行(10/09~10の二日間)は伊予路編。
39番札所竹林寺~伊予北条近辺までの練行です。
(1日約20km前後の練行です)

写真をご覧のように曼荼羅霊場会には8か所の神社も含まれます。
神社では祝詞を唱えます。
今回の訪問は、40番札所別宮大山積神社です。



!cid_04F6E948-3DF5-47B5-AF4D-C66DB9122CF4.jpg

星の浦海浜公園(今治市)で休憩。
練行参加の寺院さまの中には、普段、海を見る機会が少ない方もいるのでハイテンションの方も(笑)


新四国曼荼羅2-1

旧北条市付近では稲穂の風景と徒歩練行の一行を撮影(背景には鹿島)。
お坊さんと稲穂は絵になります。




!cid_2DB776F0-54D9-449C-AFC2-B32B69D3CA84.jpg


お寺に着くと、お待ちのご住職の温かい歓迎を受けます。
少しでも先を急ぎたい練行一行と長居を薦めるお寺との駆け引きが続きます。



次回の徒歩練行は10月30~31日(2日間)、伊予北条付近から砥部の47番札所理正院までの予定です。
松山市内を歩きますので、一行をお見かけの際は、ご遠慮なくお声掛けください。









ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
四国遍路をしていると「千枚通し」という言葉を聞いたことがあると思います。
千枚通しとは、飲む護符(ごふ)を表し、護符を飲むという行為を最初に行ったのが弘法大師なのです。
千枚通しで有名な寺院は、四国別格霊場の延命寺や四国八十八ヶ所の郷照寺が挙げられます。

さて今回は愛媛県内でよく効き目があるとされる「飲む護符」の紹介です。

そのお寺は、高縄山頂付近にある高縄寺です。
ここの護符はわたしも試しましたがびっくりするくらいに気分が落ち着く護符です。

!cid_82B018EF-41B6-4B1A-8AFB-DB36E8D579B8.jpg

パッケージはなんの印刷もない紙に包まれているだけです。
この紙包みの中に21枚の護符があります。

ひと包みで、300円!
常連さんはまとめ買い(大人買い)しているとか。


!cid_476C1FC1-D5A0-4A6F-ACD1-244FDC9E64F8.jpg

お寺の住職いわく、
①病の軽減
②赤ちゃんのかんしゃく
③目には見えない何かに憑りつかれた などに効果があるとか。

ご宝号(南無大師遍照金剛)を三遍唱えてから噛まずに飲み込んでください、との事でした。
風邪気味だったわたしは護符を飲んだ後、不思議と快方に向かっていくのが分かりました。


詳しいお話しをお聞きしたい方は、10月28日のご縁日にお参りに行ってみたらどうでしょうか。

!cid_6E46D7DC-3356-4DB9-9484-01B46A39FC45.jpg

10月28日は高縄寺のお祭りです。
いろんな行事がありますので、詳しくはポスターをご覧ください。







ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
新四国曼荼羅霊場会は開創30周年を迎えて、記念事業を展開中です。
札所の若手住職・副住職が両界曼荼羅図を背中に背負って四国路を徒歩にて巡拝中!

霊場会に加盟する四国4県88寺社をすべて回り終えるのが来年11月であり、黒滝寺で結願の予定です。


新四国曼荼羅霊場会公式HP
(クリックできます)

!cid_1CB0EBB2-60D4-44B3-B091-E69A8348ECE5.jpg

徒歩練行では写真のように霊場会の会員が黒の法被を着用、曼荼羅図を背負って巡拝。
次回のスケジュールを皆さんに公開します。

10月10日(水)
別宮大山積神社を9時ごろに出発
11時ごろに、星の浦海浜公園で休憩
12時ごろに、太陽石油四国事業所前で休憩
13時半ごろに、菊間・遍照院に到着。
(徒歩なので前後30分は時間がずれる可能性あります)



!cid_20387255-18C6-4564-9D6F-1B8E1A15D940.jpg


徒歩練行中はお気軽にお声掛けください。
「がんばってください」のひと言が我々の励みになります!
わたしももちろん前回に続いて参加させていただきます。

曼荼羅霊場会謹製のオリジナルステッカーが手に入るチャンスです。







ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
9月18日~19日(2日間)にかけて、愛媛・今治地域を徒歩巡拝した新四国曼荼羅霊場会の様子が毎日新聞の朝刊に掲載されました。今回の巡拝には霊場会会長はじめ青年部会長などの参加があり、記者が取材するにタイミングが良かったこともあります。


まず霊場会・小野会長が曼荼羅霊場会の説明を記者に。
「生きる力を合わせ、世界平和に貢献すること」を念頭に徒歩巡礼を実施していることを力説。
また自然災害で亡くなられた方々の冥福を祈りながらの巡拝となっています。


毎日新聞デジタル紙面
(クリックできます)

紙面では9月21日の朝刊(愛媛版・24面)に掲載されました



さて次回の徒歩練行(10/09)は、今治・41番光林寺~菊間町・42番遍照院(約20km)の予定です。
道中に霊場会の一行をお見かけされたら、ぜひお声掛けください。
わたしも行脚に参加させていただく予定です。








ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
新四国曼荼羅霊場会主催の徒歩練行はただ今、今治地域を巡拝中です。
今回は、39番札所竹林寺~41番札所光林寺~40番別宮大山積神社まで(約20km)の行脚です。

この徒歩練行は霊場会青年部が発願し、結願まですべての工程を徒歩で巡拝しています。
背中には両界曼荼羅のお軸を背負いながら行脚、そのお軸の裏側に納経をするというものです。


!cid_D457267C-7DC7-4B66-9292-DA653401EDC6.jpg

練行の途中には、本四国八十八ヶ所のへんろ道と重なる箇所も多いです。
のぼり旗を持ちながら練行を進めるのは、PR活動もありますがドライバーに「人が歩いていること」を知らせる安全面での効果もあります。

!cid_577EF8FE-8357-4F52-BC4F-596B1E15F12C.jpg

写真は「香川のエース」こと22番札所密蔵寺の亀山住職です。
ご詠歌の先生でもある亀山さん。
すばらしいご詠歌をお聞きすることができます。


!cid_2CFCE84E-62AA-4F31-A8C4-8356FE42D1FA.jpg

41番札所光林寺の本堂にて読経。
両界曼荼羅のお軸を広げて読経が催行されます。
(読経のあとにご詠歌です)



!cid_F7204CA6-B880-406F-A49F-77A9783058F7.jpg

写真の最右に写るのが曼荼羅霊場会長の58番峰興寺・小野住職。
霊場会会長さんが直々にサポート車に乗り込んで練行の一行をサポートしていただきました。



!cid_65CFCB86-0762-459F-8637-FAFCE64BA35C.jpg

別宮大山積神社。
本四国八十八ヶ所にはない神社の参拝です。

先ほどの亀山住職が神前で祝詞を読み上げます。
このように曼荼羅霊場には神社も含まれますので般若心経だけを唱えるわけではないのです。

今回の徒歩練行はここまでです。
次回(10月)は菊間・42番札所遍照院まで歩きます。








ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村